四日市港ポートビル(四日市・夜景)|ガッツレンタカー 三重桑名店|ガッツレンタカー公式ブログ

格安レンタカー予約ならガッツレンタカー【24時間 2,000円~】

四日市市の夜景・撮影スポット四日市港ポートビルの夜景についてご紹介!

ガッツの観光

ガッツの観光

四日市港ポートビル(四日市・夜景)

2016年6月16日ガッツレンタカー 三重桑名店

四日市港ポートビル(四日市・夜景)

皆様お世話になっております。

ガッツレンタカー三重桑名店 

自称ロマンチスト安藤です!!

この度は四日市港の夜景についてご紹介させて頂きます!

四日市市は、中京工業地帯の代表的な工業都市である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤・通学者がいます。
日系ブラジル人が多く居住をする笹川団地(四郷地区)は市内南部にあり、名古屋のベッドタウン化している郊外の団地は昭和の大合併で編入された地域で、三重団地(三重地区)、桜台(桜地区)、三滝台(川島地区)、あかつき台(八郷地区)など、市内西部に位置する地域が多い。
一方、三重県北勢地域の中心都市である為三重郡の各町、桑名市鈴鹿市亀山市など近隣の市町から当市へ通勤・通学する者も多く、昼夜間人口比率は100%を超えている。

2000年(平成12年)11月1日の制度運用開始とともに特例市に指定されている。2005年(平成17年)2月7日に隣接する三重郡楠町平成の大合併による市町村合併で編入したことで人口が30万人を超えたため中核市移行を目指しているが、大矢知地区の産業廃棄物問題が解決しないため移行の目途が立っていない。
中核市移行の準備段階として、2008年(平成20年)4月1日保健所政令市に指定された。

古くは、東海道宿駅(→四日市宿)で、伊勢神宮への分岐点が日永地区に追分という地名として残っている。
市名は四のつく日に市がたったことに由来し、現在も各地で市が開かれている。四日市中心部は江戸時代天領になっており、伊勢国北部の北勢地域では行政の中心地であった。

1960年代から1970年代にかけて工場の排煙による大気汚染により四日市ぜんそくの発生地として悪名を轟かせていたが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態も良好になっている。

郊外には田園や茶畑が広がる豊かな自然が望める。また、江戸時代から蜃気楼が見られたことでも知られている。

yokkaichi-umiterasu2

夜には大変きれいな景色になりカメラマンやデートなどで賑わいます。

こちらの夜景を見るスポットとして四日市港ポートビルが有名です!
四日市港ポートビル (1)

四日市港の開港100周年を記念して1999年に完成。14階建てであるが13階から14階までの間は20mの吹き抜け構造になっており、高さは地上100mで三重県内で最も高いビルである。三重県、ウェザーニューズライブカメラなどが設置されている。

四日市港管理組合のオフィスを中心に会議室レストラン、展望展示室うみてらす14(フォーティーン)があり、14階の展望ロビーからは四日市港特有の港湾夜景が楽しめる。他に南西四日市市街、南東中部国際空港北東名古屋市名港トリトン西北鈴鹿山脈伊吹山が望める。

駐車場をはさんだ南西側にはビルの竣工に合わせて整備された霞港公園と、四日市港・シドニー港の姉妹港提携20周年を記念して造られたシドニー港公園が置かれており、2つの公園はSYSPAブリッジで接続されている。

本当にちょうどいい所に三重県一高いビルがありますね!

是非登ってみてみましょう!!

開館時間 午前10時~午後5時まで
★土曜日・日曜日・祝日は午後9時まで
※入場は閉館の30分前まで
夜景
展望展示室「うみてらす14」
からの夜景
休 館 日 水曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
入 場 料 一般(高校生以上) 300円 中学生以下 無料
<団体>
有料入場者20名様以上 一般(高校生以上) 240円

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちのご本人と介護者1名は入場料が免除されます

今回ご紹介した観光スポット

名称
四日市港ポートビル
所在地
三重県四日市市霞2丁目1−1
電話番号
059-366-7000
Webサイト
http://www.yokkaichi-port.or.jp/umiterras14/

格安レンタカーの秘密 税・保険・メンテナンス込み 1カ月29,800円