【沼津駅北店】ドライバーの基礎 ジャンプスタート編|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

【沼津駅北店】ドライバーの基礎 ジャンプスタート編

店舗からのお知らせ

沼津駅北店からのお知らせ
ガッツレンタカー 沼津駅北店

【沼津駅北店】ドライバーの基礎 ジャンプスタート編

2021年3月4日

今日はドライバーであれば必ず何処かで目にし聞いているであろうジャンプスタートについての正しい理解を行おうと思います。

レンタカーに限らず自家用車であっても車に乗るからにはついてまわるのがバッテリー上がり!

これになるとJAFやロードサービスを呼んで動かしてもらうことになりますよね?

JAF、ロードサービスを過去に1度でも呼んだことが有る方ならわかりますが、アレって来るまで1時間待ちとかはザラにありますよね・・・・

正直バッテリー上がり程度であればほんの1分もあれば解決してしまいます。

ロードサービスで行う処置はジャンプスタートと言われる行為です。

 

バッテリーが上がってセルモーターを回す電力がない車に電力が十分な車から電気を分けてもらって充電してエンジンをかけちゃえば良い!ということですw

たったこれだけの作業を1時間待つのはバカバカしいですよね?

ではここからはHow to編!

正しい知識でバッテリー上がりを克服して時間を有効に使いましょう。

  1. ブースターケーブルを用意しましょう。
  2. バッテリーが上がった車のプラス端子に赤いクリップを固定
  3. バッテリーが動いている車のプラス端子に反対の赤いクリップを接続
  4. 救援する車のマイナス端子に黒いクリップを固定
  5. 救援される車のエンジンルームないの塗装されていない金属面に反対側のクリップを接続。これでアース接続になります。マイナス端子などでも可。

接続はこれだけです。

あとは救援車のエンジンをかければ、バッテリーがチャージされていきます。

殆どの場合、救援される車はエンジンを止めた状態で救援する車のエンジンをかける必要はありません。

救援する車のエンジンが掛かったら先程の手順の逆で配線を外して終了です。

 

ジャンプスタート後30分ほどはアイドリング状態、もしくは走行を行いバッテリー充電をして下さい。

バッテリー上がりの原因がライトの消し忘れなどの場合はこれで事足りますが、オルタネーターやバッテリー劣化が原因の場合は早期に然るべき施設で検査を受けて下さい。

エンジンを止めるたびにジャンプスタートをしたり救援されるのを待つのはなかなかに忍びないですよ。

バッテリーの状態はテスターなどで確認できますが、通常はいちいちチェックなどしません。

急なバッテリー上がりも知識があればなんてこと有りません!

ぜひ身につけて楽しいカーライフを送って下さい。

 

沼津駅北店からのお知らせ一覧に戻る

格安レンタカーの秘密 税・保険・メンテナンス込み 1カ月29,800円