格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

静電気の逃がし方

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

静電気の逃がし方

静電気の逃がし方

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

冬は静電気が起きやすく、車に乗る際にもバチバチッとなるのが不快ですよね。

 

なぜ静電気が起きるの??

湿度20%・気温20℃以下に起きやすいと言われています。

また、衣服の種類により摩擦が起きて静電気が起きます。

私たち人間など物体は、プラスを帯びやすい物質と、マイナスを帯びやすい物質があり、プラスとマイナスの物質同士がくっついたり、離れたりすることで静電気が起こります。

 

静電気対策は?

①室内の空気を湿度60%程に保つ

②洗濯をする時に柔軟剤を使用する。柔軟剤を使用すると放電しやすくなります。

③肌の水分量が少ないと静電気をためやすいと言われていますので、お肌の乾燥もしないように保湿クリームを塗りましょう。

④電気を通しにくいコンクリートの地面やドアなどを手のひら全体で触り放電する

⑤着る服の組み合わせに気を付ける。

上記の図のように、帯電列が離れていれば離れているほど強い静電気が起こります。

綿や麻の素材は静電気が起きにくいのでオススメです。

 

車の乗り降りの際も静電気が起きやすいと思いますが、乗る前は地面に手を付き放電する。

下りる時はドアなど広い面を手のひらで触ってから降りる。

動画もありますので見て、実践してみて下さい♪