格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

居眠り運転防止!

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

居眠り運転防止!

居眠り運転防止!

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

食事をとったあとなど、つい運転中に眠くなってしまうことってありますよね。

居眠り運転は重大な事故に繋がりかねません。

 

道路交通法上は居眠り運転の直接の規定はありませんが、居眠り運転による事故は処罰の対象です。

安全運転義務違反

居眠り運転は、道路交通法70条では、「ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転」とあり、する義務に違反していることになります。

違反点数 2点
反則金 9,000(普通車)
罰則 3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金

 

眠くなる原因とは?

✓睡眠不足 眠くなる一番多い原因です。適切な睡眠時間とされている7時間超に比べて、4時間未満しか眠っていないと事故発  生率は11.5倍。

✓薬服用後 薬には眠くなる成分が入っている場合があります。

✓疾病 しっかり睡眠をとっていても眠くなってしまう場合、病気の可能性もあります。

✓時間帯 深夜〜早朝にかけてと14時〜16時にかけて発生率が高くなっていること言われています

 

 

対処法は?

1. 仮眠をとる 車を安全に停められる場所で仮眠を取りましょう。

2.体を動かす 同じ姿勢のままだと疲れてしまうので、ストレッチなどして体を動かしましょう。

3.窓を開ける 一時的ですが、外気を浴びてリフレッシュしましょう。

4.顔を洗う 冷たい水やおしぼりが良いでしょう。

5.ガムを噛む ガムの咀嚼により、脳の血行がよくなり頭がすっきりします。

6.カフェインを摂る カフェインには覚醒効果があります。カフェインの効果は飲んでから15分~30分後です。

 

居眠り運転の一番の防止策は、日頃の体調管理や規則的な生活リズムを意識することです。

運転する前にはしっかり睡眠をとり体調を万全にしましょう。