格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

運転中、西日が眩しい時の対策

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

運転中、西日が眩しい時の対策

運転中、西日が眩しい時の対策

皆様こんにちは。 ガッツレンタカーFC本部です。

 

今日から7月に入り、夏本番の暑さですね。

夕方、車を運転していると日差しがまぶしくて見にくいので

とても危険ですね。

そんな時は、どのような対処をすればよいでしょうか。

 

①サンバイザーを下げる

信号待ちの際、まぶしくない角度を調整しましょう。

ただ、サンバイザーだけではまぶしさは軽減されません。

運転していると日の角度が変わり、その都度サンバイザーの角度も変えなければいけません。

走行中の操作は大変危険ですので、信号待ちの際に上げ下げをおこないましょう。

サンバイザーは眩しい時の“緊急処置”としての使用が良いでしょう。

 

②サングラスをする

偏光度の高いサングラスがオススメです。

夏の強い日差しから目を守るためにも良いでしょう。

 

西日が強いと信号や対向車が見にくい場合がありますので

スピードの出しすぎは危険です。

大丈夫かな?と不安になった場合は、無理はせず運転を控えましょう。