雪の日になぜワイパーを立てるの??|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

雪の日になぜワイパーを立てるの??

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年12月13日雪の日になぜワイパーを立てるの??

雪の日になぜワイパーを立てるの??

皆様こんにちは。ガッツレンタカー  FC本部です。

 

雪の日に駐車している車のワイパーを立てているのを見かけたことはありませんか?

 

なぜワイパーを立てなければいけないのでしょうか?

雪が降るとフロントガラスに雪が積もり、凍ったワイパーがフロントガラスに貼り付いてしまいます

特に、雨が降った後の濡れた状態で雪が降ると、ワイパーがフロントガラスに張り付きやすくなります。

フロントガラスにワイパーゴムが凍り付いている状態でワイパーを動かすと、ワイパーゴムがちぎれてしてしまう可能性があります。

仮にワイパーが無事でも、停止位置がずれたり、可動範囲が変わってしまったりする可能性があります。

そのままの状態でワイパーを作動させているとワイパー本体だけでなく、モーターにも負荷がかかって故障の原因になります。

もしもワイパーを立て忘れてしまい、フロントガラスにワイパーが貼り付いている場合は、フロントガラスの雪や氷を溶かしましょう。

エアコンで車内から暖めたり、解氷スプレーで直接氷を溶かすなどで対処しましょう。