フロントガラスの曇る原因と対処法|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

フロントガラスの曇る原因と対処法

ガッツのコラム車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年11月8日フロントガラスの曇る原因と対処法

フロントガラスの曇る原因と対処法

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

 

フロントガラスの内側が曇ってしまい、前が見づらくなって困った経験はありませんか?

外側であれば、ワイパーできれいにすることは可能ですが

内側となると、そう言うわけにはいきませんよね。

走行中にこの様なことが起こると、事故を起こし兼ねません。

いざという時のために、対処法を覚えておくとよいでしょう。

 

 

フロントガラスが曇る原因は?

空気中の水蒸気が水滴に変化する「結露」です。

「車外と車内の温度差」が主な原因であるといえます。車外の気温が高いほど、空気中に含まれている水蒸気が多くなるのです。

これからの季節は、車外は寒く、車内はヒーターなどによって温められてます。内装材などは結露対策も施されていますが、ガラスは別です。

車内外の境界となっているガラスは、外気の寒さによって冷やされています。そこに温かい空気が触れると、空気は冷却され、水蒸気が水滴となりフロントガラスに付着し、曇りの原因となるのです。

 

 

対処法

①窓を開けて、車内と外の温度差を少なくする。

 

②「デフロスター」や「エアコン」を付ける。

デフロスター(扇形に曲がった矢印3本のマークのスイッチ)を使うと、簡単に曇りを取ることができます。

素早く曇りを取りたい場合、風量を最大にしましょう。

エアコンで除湿すると、車内の湿度が下がって曇りにくくなります。

 

 

走行中困らないためにも、車に乗る前に曇り止めを使用したり

窓ガラスを清掃しておきましょう。

最新のコラム