クラクションの正しい使い方|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

クラクションの正しい使い方

ガッツのコラム車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年9月27日クラクションの正しい使い方

クラクションの正しい使い方

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

 

クラクションの正しい使い方

道路交通法でクラクションは警告音と言われています。

標識で指示された場所以外でクラクションを使用できるのは、危険を警告する場合のみです。

「警笛鳴らせ」の道路標識は、見通しの悪いカーブなどに設置されています。

この標識のある場所では、必ずクラクションを鳴らして自車の存在を知らせなければいけません。

使用すべき場所でクラクションを使用しなかった場合には「警音器吹鳴義務違反」が適用され、違反点数と反則金が科せられます。

使用してはいけない場所で使用した場合には「警音器使用制限違反」が適用され、罰則金が課せられます。

 

 

車に乗っていて、挨拶や道を譲ってもらった時のお礼などで

クラクションをしようすることは交通違反です。

危険防止のため以外でならすことは、相手に勘違いをさせトラブルになる可能性もあるため、やめましょう。

適切な使用をし、事故防止や危険回避に努めましょう。

 

最新のコラム