暑い車内の温度を下げる方法|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

暑い車内の温度を下げる方法

ガッツのコラム車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年8月2日暑い車内の温度を下げる方法

暑い車内の温度を下げる方法

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

夏の暑い日に駐車したあとは、車内が暑く乗れないことが多いと思います。

少しでも温度を下げ、快適に乗れる方法をお伝えします。

 

①駐車したままの場合

助手席の窓をあけ、運転席側のドアを数回開閉して

車内にこもった熱い空気を放出すると1分で10℃ほど温度が下がります。

 

 

②走行しながらの場合

全ての窓を全開

エアコンを外気導入にする

エアコンの温度は一番低く設定

約1分ほど走ると、車内温度がいっきに10度以上下がります。

温度が下がった後は、窓をすべて締めて、内気循環にしましょう。

 

 

車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボード、シートベルトの金具などはあまり温度が下がっていないことがあるので注意して下さい。

最新のコラム