運転中、大雨の時の対応|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

運転中、大雨の時の対応

ガッツのコラム車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年7月7日運転中、大雨の時の対応

運転中、大雨の時の対応

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

 

熱海市の土砂崩れにおいて、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

運転中大雨に遭った場合、どのような危険性があるのか

どのように対応、対処するべきなのかをまとめました。

 

 

大雨だとどのような危険性があるのか?その場合の対処は?

○視界が悪くなる

対処法⇒視界を確保するためワイパー交換やガラスコーティングをする。

 

○路面が滑りやすくなる

対処法⇒タイヤの溝のチェック

○冠水する場所が発生する

対処法⇒冠水が起きやすいアンダーパス、洪水や土砂崩れが起こりやすい川や斜面の近くを避けるといった行動が必要です。

○ 洪水や土砂崩れに巻き込まれる可能性がある

対処法⇒洪水や土砂崩れが起こりやすい川や斜面の近くを避けるといった行動が必要です。

 

 

大雨に遭った場合の行動

①川沿いの道は避ける

②崖など、土砂崩れの可能性のある場所は走らない(近寄らない)

③無理な運転をしない

④低い場所は通らない

 

 

アンダーパスや周囲よりも低い場所は、浸水の危険があります。

多少、遠回りになっても安全な道を走りましょう。

無理な運転は大変危険です。少しでも危険や不安を感じたら、早めの判断をし速度を落としたり状況次第では路肩に停車しましょう。

最新のコラム