長距離運転時の休憩の目安|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

長距離運転時の休憩の目安

ガッツのコラム車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

2021年6月27日長距離運転時の休憩の目安

長距離運転時の休憩の目安

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

もうすぐ夏休みやお盆休みですが、大型連休は、観光やレジャーで遠くへ行く機会も増えますよね。

日頃の運転でも、安全の運転のためには適度な休憩は大切ですが、

長時間の運転になる場合などは、どんなタイミングでどのくらいの時間休憩をとれば上手に休むことができるのかなども気になるところです。

 

【一般道路を運転する際の休憩の目安】

連続運転時間は4時間が限度で、その後に30分の休憩をする。もしくは、運転時間を分割し、

それに応じた休憩時間を1回につき10分以上とすることもできるとされています。

ただし、これは運転に熟練したプロのドライバーに適応される基準です。

一般の人の場合は、これよりやや余裕を持った運転時間・休憩時間にすると良いでしょう。

 

 

【高速道路を運転する際の休憩の目安】

高速道路で車両を運転する際には、おおむね2時間までとされています。

これについても、高速乗合バス交代運転手といったプロのドライバー向けの基準のため、一般の人は、やや余裕を持って休憩をとるのがおすすめです。

 

無理な連続運転はせず、時間に余裕を持って、多めの休憩を取るように心がけましょう!

最新のコラム