フロントガラスの油膜の原因と取り除き方|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

フロントガラスの油膜の原因と取り除き方

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

フロントガラスの油膜の原因と取り除き方

フロントガラスの油膜の原因と取り除き方

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

フロントガラスの撥水加工が効いていると、降ってきた雨をはじいて、視界も良好です。

しかし、フロントガラスに油膜があると、雨を弾くどころかフロントガラス全体に雨が広がって、視界を妨げてしまいます。

油膜のできる原因や、その取り方を理解していきましょう。

油膜の原因は

  1. 大気中の排気ガスなど
  2. 走行中に道路の油分を含んだ水をかぶる
  3. 油分を含んだ雨などを浴びる
  4. ウィンドウやワイパー・ボディなどのコーティング剤が溶けて劣化したもの

まずはほこりや砂を水で流すなどして取り除いてから、油膜取りシートや台所洗剤などで落としましょう。

ガンコな油膜には、研磨剤(コンパウンド)の入った油膜取り剤を使って、削り落としましょう。

定期的なメンテナンス、こまめなケアを怠らず、クリアな視界をキープして安全運転を心がけましょう!