格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

走行中の車間距離

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

走行中の車間距離

走行中の車間距離

皆様、こんにちは。 ガッツレンタカーFC本部です。

運転中は、十分に車両間隔を保っていますか?

一般道路上での車間距離と言えば、「速度―15メートル」と言われていますが、
危険を避けるためには、最低2秒以上の車間距離が必要だと言われています。

なぜ2秒以上なのでしょうか?

ゆとりと良好な視界が確保できる

前を走る車と十分な距離をとることで、心にゆとりができ、視界も良くなります。
前方の道路を横断しようとしている人や、自転車の急な飛び出しに気付きやすくなります。
早めに気づけば、ブレーキを踏む、ハンドルをきるなど余裕をもって対処できます。

他の車の動きに安全に対応できる

前を走る車が急に減速をした場合でも、十分な距離があれば追突を避けることができます。
ではどうやって2秒を数えたらいいのでしょうか?

例えば、前を走る車が電柱や標識を通過したとして、その通過の瞬間を「0」とします。
そして、自分の車が同じ場所を通過するまでに「2秒以上」数えることができることができれば車間距離が2秒以上あることになります。

ただ、「1、2(いち、に)」と数えると実際の2秒間より短い場合があるため意識してゆっくりと数えます。また、数え方は人それぞれ数えやすい言葉に置き換えてもかまいません。

十分な車両間隔を保ち、無理のない安全運転を心がけましょう!