積雪予報でワイパーを立てる意味をご紹介|格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)~

積雪予報でワイパーを立てる意味をご紹介

ガッツのコラム

車のことならガッツにお任せ!
車に関する便利でお得な情報を
(ほぼ)毎日お届けします!

ガッツのコラム

積雪予報でワイパーを立てる意味をご紹介

積雪予報でワイパーを立てる意味をご紹介

皆さま、こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

降雪予報でワイパーを立てるのにはどんな意味があるのか?ご紹介!

積雪地域に駐車してある車の多くが、
ワイパーを立てた状態にしてあるのをよく目にする時期ですね!
冬の風物詩ともいえるこの光景には、果たしてどんな意味があるのか。

日本海を中心に多くの降雪量が観測されていて積雪地域では、
車の積雪に対する対策のひとつとしてワイパーを立てる対策が!

  • ワイパーゴムがフロントガラスに凍り付くのを防ぐ
  • ワイパーアームが曲がったり位置がずれるのを予防
  • 雪かきを効率よく作業するため
  • 雪に埋まった車の位置を特定するため

と、上記の理由があげられます。

ただ、湿気を多く含んだ重い雪が降る際は
ワイパーを立てることによって折れたりする場合もあるので
雪の質をしっかり見極め立てるか判断しましょう!

雪があまり降らない地域の方でも雨の後の降雪にてワイパーが
フロントガラスに凍りついてしますこともあるので
ワイパーを立てることを覚えておくことがトラブル防止に繋がります。